• クレジットカードの必要性とは

日常生活を行う上で、金銭のやり取りはどこかで必ず発生しているでしょう。 自販機で缶ジュースを買う、スーパーなどに行って食料品を買う、それらは実際のお金をやり取りしています。

他にも、銀行口座から引き落としでの支払いを指定したり、キャッシュカードから引き落としなどと、 多様な金銭のやり取りが毎日どこかで行われています。 また最近はほとんどの人がクレジットカードををもっていますが、その必要性は、どこにあるのでしょうか。当サイトではこのクレジットカードの必要性に焦点を当てて考察していきます。

クレジットカードを持っている人は、いちいち現金を持たなくていい、海外旅行の際の支払いに便利など、 いろんなメリットを自覚して使っているでしょう。 反対に、クレジットカードの必要性を感じないと言う人は、お金の使いすぎを防ぎたいと思っている人が多いのかもしれません。

今はそれほどでもないでしょうが、昔はテレビドラマなどでもクレジットカードの使いすぎで支払いが出来なくなり債権者に追い込まれた人が、またさらに借金を積み重ねる、というシーンもありました。 そのようなシーンにネガティブになり、ちゃんとお金を自分で使いすぎないように管理したいからと言うことで、持たない人もいるでしょう。 しかしそれは、「住宅ローンを借りて破産してしまった人がいるから家を買わない」と言っていることと同じです。こんな理由で住宅ローンは使わないと言っている人がいたらどう思いますか。私はいずれも扱い方次第だと思います。

持っている人も、持っていない人も、ちゃんとメリットデメリットを把握した上で「持つ、持たない」を選択しています。 持っている人は自分でちゃんとカードのサービス、保証内容等をきちんと確認した上で利用することを選んでいます。 日常生活に浸透している便利なクレジットカードだからこそ、自分で必要かどうかを判断して利用しましょう。